読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

翡翠のイベント・ライブ備忘録

参加したライブの備忘録と称した何か

8/12 青春ブタ野郎聖地巡礼@湘南

8月12日早朝。眠れない俺はふと手元にあった読み終わった「青春ブタ野郎はプチデビル後輩の夢を見ない」を手に取って思った。

「そうだ、この作品の聖地巡礼に行こう」

 

 

 

 

 

 

と、言うわけで行ってきました藤沢駅

2014-08-12 05.53.05

 右手に行くとJRの改札ですが江ノ電に乗るために直進します。

 

 連絡通路です

2014-08-12 05.53.44

 

そのまま通り沿いに進むと正面に小田急百貨店の入り口が現れます

2014-08-12 05.55.32

 

このまま右手に進むと江ノ島電鉄藤沢駅の改札があります。

2014-08-12 05.55.59

 

券売機は写真左側の方にありました。

 

改札をくぐって乗車口の左側へ進むと壁際に自動販売機とベンチが多数

2014-08-12 05.56.42

 

おそらくここが2巻第三章P148で咲太と朋絵が待ち合わせしてた場所ですね。

 

そのまま電車に乗ること約20分ほどで七里ヶ浜駅に到着

2014-08-12 07.26.20

2014-08-12 07.26.29

 

 

1巻第一章P33で咲太が「定期のICを読み取るカカシみたいな機械」と表現しているあれもあります

2014-08-12 07.27.06

 

 

駅の出入口を正面から

2014-08-12 07.28.12

 

 

駅から出て左に進み橋を渡り、

2014-08-12 07.28.22

 

 

踏切を超えると

2014-08-12 07.29.16

 

 

咲太たちの通う高校のモデルとなっている(?)神奈川県立七里ヶ浜高校があります。

 2014-08-12 07.29.37

 

流石に中に入る勇気はありません(;´∀`)

 

なお駅から踏切を超えずに反対側へ進むと2巻第三章P184で咲太が学校を抜けだして行ったコンビニもちゃんとあります

2014-08-12 07.30.34

 

 

そしてそのまま真っすぐ行けば実際には七里もない七里ヶ浜がドーン!

2014-08-12 07.32.45

 

 

記念撮影してきましたwww

 IMG_20140812_075142

 

 

さて次は七里ヶ浜から移動して江ノ島駅へ

2巻第五章で咲太と朋絵が行った江ノ島まで行ってきました。

2014-08-12 08.21.46

 

 

弁天橋

2014-08-12 08.21.24

 

 

そのままずーとまっすぐ進めば江ノ島神社に到着

2014-08-12 08.31.14

 

ここから地獄の(?)階段登りが始まります・・・

 

上の写真の朱の鳥居をくぐり、階段を登って行くとまず最初に着くのが辺津宮

2014-08-12 08.35.31

 

 

ここにはP303で2人が絵馬を書いて結びつけたむすびの樹があります

2014-08-12 08.36.34

 

そのまままた階段を登って行くと次に辿り着くのが中津宮

2014-08-12 09.02.24

 

 

さらに階段を登って行くと下にいる時から見えた江ノ島展望塔の足元にたどり着きます。だいたいこのへんが江ノ島で一番標高が高い部分でしたかな。

なお、展望塔に登るには入場料がかかるので注意です。(大人500円小人250円)

展望デッキからは相模湾が一望できます

2014-08-12 09.30.51

 

 

狭くなった道を更に奥へと進みます。

ここからは階段が上り降りがあり道の脇には甘味処やお土産屋さんが立ち並んでいます。

そして辿り着くのが奥津宮です。

2014-08-12 09.10.01

 

 

まだまだ先に進みます。さらに狭くなった道幅と急な階段を降りた先に咲太と朋絵が最終的に辿り着いた稚児ヶ淵に到着します。

 2014-08-12 09.14.04

 

 

天気が良かったら富士山が見えるはずですが・・・

 2014-08-12 09.14.58

 

あいにくの曇り空でした( ´・ω・`)

 

ちなみに、咲太たちはここで引き返していますがまだ道は続いていて

2014-08-12 09.15.06

 

 

この先には江ノ島岩屋という洞窟があります。

2014-08-12 09.17.33

 

ここも入場料が必要なので注意です。(おとな(高校生以上)500円 こども(小・中学生)200円)

 

以上かなーり適当に主に2巻に出てきた場所を回ってきました。

こうやって記事にまとめようとすると道中の写真があまりに少ないですね・・・

次からは気をつけよう(次があるのか?という話)